【嘘喰い】 心理戦好きにおすすめのギャンブルマンガ 【kindleで読める】

嘘喰いおすすめ漫画



嘘喰い 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)



おすすめレベル:☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 星8

画力     :☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 星8

脚本     :☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 星8

独自性    :☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 星9



【嘘喰い】(うそぐい)は2006年~2018年まで週刊ヤングジャンプで連載

全49巻発行、迫稔雄先生によるギャンブルとバトルの融合マンガです。



ちなみに【嘘食い】が迫稔雄先生のデビュー作です。



発行部数は約530万部。人を選ぶ表現、ジャンルにも関わらず

49巻まで続くのはこのマンガを作っている三つの構成があるからです。



・心理戦

・バトル

・絵


この三つが高いレベルで混ざっていることが人気を作った秘密です。

1つ1つ解説していきます。


【こんな人におすすめ】

・読めない展開が好き

・心理戦が好き

・激しいバトルが好き

・読めない展開が好き

・癖のある絵が好き


【こんな人はおすすめではない】

・暴力描写が苦手

・設定が複雑で難しいのは苦手

・青年漫画的な絵が苦手

・可愛い女の子が出てこないのは苦手


マンガの紹介文にも暴力的な表現もあるため、苦手な方は進まないようにお願いします。


【嘘喰い】はどんなマンガ?


メインは頭脳戦。のちに大金や、命をかけたギャンブルに発展していく。


主人公は斑目 貘(まだらめ ばく)、通称【嘘食い】と呼ばれている。

相手のイカサマや嘘に乗ったフリをし、それを逆手にとって勝利を収める癖がある。


あらゆることへの知識と並外れた洞察力があり、描いたシナリオのためなら、

死にかけることすら気にもしない。



この癖があることで物語もどんでん返しが起こり、先が読めない展開へと繋がる。

好きなものはカリカリ梅、自分の策が上手くはまった時に食べる癖がある。



勝利時の決め言葉は「あんた嘘つきだね」


Lie eating
出典:嘘喰い1巻44P



大きな闘いも好きだが、スタート当初の闇金業者とのやり取りなど

日常における心理戦やワナも面白い。


どんなギャンブルをするの?

既存のゲームをベースにしているものが多く、


・ババ抜き

・脱出ゲーム

・ポーカー

・オンラインゲーム風の島でギャンブル

・叩いてかぶってジャンケンポン

・ストップウォッチ


ババ抜きで負けると首を吊らなくてはいけません。

Hanging picture
出典:嘘喰い4巻175P


ストップウォッチゲームで負けると、

青銅でできた牛に入って焼かれます。


Faralis Bull
出典:嘘食い15巻76P


このように聞いたことのあるゲームで命を懸けてギャンブルをするというのが、

【嘘食い】のメインパートです。



この賭けるものの大きさによる緊張感に、読めない展開。


たまに難しくて読み返さないとわからないところはスムーズに読めないことが

嫌な人にはマイナスポイントかも。



設定が難しく複雑なことが多いのも特徴です。


バトルパートの魅力

主人公はひ弱でまったくバトルはできません。

代わりにバトルパートを担うのが、要請に応じてあらゆる賭博を仕切る組織


【賭郎】(かけろう)


中立の立場で賭けを取り仕切り、勝敗が決したら責任を持って取り立てる存在。441年前から存在し、織田信長公の死亡は賭郎の取り立てだという言い伝えがある。


賭博時に派遣されるのが【立会人】(たちあいにん)と呼ばれるエージェント

號(ごう)と呼ばれるランクが存在し数が少ないほど強い立会人。


號奪戦(ごうだつせん)と呼ばれる立会人通しの戦いに勝利することで號数が上がる。


この立会人通しの戦い、ギャンブルにおける相手組織の戦闘部隊との闘い、

バトルパートは超人達の戦いでこれがまた頭脳戦メインの展開に

色を添えてくれます。



主人公専属の立会人、夜行 妃古壱(やこう ひこいち)も、

このマンガの魅力を上げてくれている1人。


怖くて強い、コーヒーを淹れるのが好きだけど不味いおじいちゃん。


Grandfather's picture
出典:嘘食い1巻127P


中国で暗躍する伝説の兇手や、

遺伝子の突然変異で異常な筋肉を持つ警察など気になる設定の強キャラが多数。


バトルの良し悪しの1つにどうせこっちが勝つんでしょ?というものがあります。


わかってて勝つ爽快感が良い場合もあれば、やっぱりどっちが勝つか読めない方が良い場合もあります。

強キャラ通しの戦いはどちらが勝かわからないので、最後までハラハラして読むことができる。


色々なマンガで強キャラ同士の対決は非常に人気の場面になっています。


それではここで、バトルシーンの魅力を1つご紹介。


1シーンで複数との闘いを表現するのは難しいです。

何を行ってどうなっているのかをわかりやすく表現する必要もあるからです。


Battle scene
出典:嘘喰い45巻32p


バトルシーンの描き方も迫力があるので読み応えもありますね。


頭脳戦とバトルが高いレベルで織りなすのが【嘘食い】の全体レベル

向上の理由なんです。


絵が魅力的



内容にあった絵柄で、1巻から最終巻を比較すると絵の表現力も大きく上がっている。

絵は賛否分かれる絵だと思いますが、個人的には非常に好み。

Psychological description
出典:嘘喰い:48巻180P


バトルシーンの迫力とは別に心理状況を表現する絵が上手い。

不気味とも思える絵をシーンに合わせて描くことで、

心理戦の緊張感をさらに引き上げてくれている。


心理戦✖バトル✖絵と高いレベルのが3つがこのマンガでの構成しているものです。


面白いマンガというのは目立った良い部分が三つすっと出てきます。


あなたも是非【心理戦】の魅力にはまってください。

ここまでで読みたくなって頂いたのであれば。



出典:嘘喰い7巻19P


こういうことですね。



心理戦・ギャンブルカテゴリーのマンガ


嘘喰いが好きなら、

逆に下記のマンガが好きなら嘘喰いも好きになる可能性があります。

心理戦、ギャンブルカテゴリーのおすすめマンガです。


下記はアマゾンのデジタル版リンクです。

興味がありましたらご覧になってみて下さい。



LIAR GAME【期間限定無料】 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


賭博黙示録 カイジ 1


DEATH NOTE モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)


賭ケグルイ 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)


まとめ


知る人ぞ知るマンガです。まだ見たことがなく、興味のあるジャンルでしたら

是非ご覧になって見て下さい。


アマゾンのデジタル版リンクです。

本で読むのはもちろん良いのですが、タブレットをお持ちでしたら場所を取らないので

デジタル版がおすすめです。


嘘喰い 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


最後にオススメマンガのまとめをご紹介します。

是非こちらもご覧になって見てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました